おすすめのドリップ用コーヒーポット-バルミューダ電気ケトル

電気ケトル(ポット)で沸かして、そのままドリップできるように作られています。スタイリッシュかつ機能的。お湯が沸くと自動的に切れるので、沸かしすぎたりすることがなく、無駄なく安全。(以前はIHを使っていたので沸きっぱなしでお湯が少なくなったりして沸かしなおしたりすることもありました。)

お店のホットコーヒーはハンドドリップなので、重宝しています。

コーヒー屋さんは、沸かしたお湯を少し冷まして90度ぐらいにしたほうがよいとおっしゃっていたので、本当は、沸かしたあと、少し冷ましたほうがよいかもしれません。

美味しいコーヒの淹れかた(ハンドドリップ)

  1. お湯を沸かす。(粉が水を吸うので、少し多めに)
  2. ドリッパーにコーヒーフィルターをセットする。(ギザギザの所を折って。)
  3. コーヒーメジャーで一杯分計って粉を入れる。1杯だけ淹れる場合は少し山盛りで。粉を入れたらドリッパをゆすって平らにしておく。
  4. ドリッパーをコーヒーサーバーにセットする。カップの上にそのまま置いてもかまわないです。
  5. 30秒むらし後、3回に分けて、3分を目安に入れる。お湯は落とし切らないほうがよいそうです。むらしは全体を少し湿らせる感じで。むらし後は、中心部の一円玉ぐらいの範囲をクルクル回す感じでゆっくり入れる。フィルタにはかけない。うまくいくと粉がふわっとした感じに膨らむので、そうなるように淹れましょう。(ですが、むらしは必要と思いますが、その後は、適当でもいいと思います。)
  6. 全体をかきまぜてできあがり。

この電気ケトル、もちろん、普通にお湯を沸かすのにも使えます。ただし、ティファールなどの電気ケトルなどに比べると少し容量が少な目な印象です。