ミシェルブラスの包丁

収録時にお料理をするかもしれないということで、包丁を新調しました。

阪急うめだで勧められた、宝石のような包丁、ミシェルブラス。ちょっと高めですが。ミシェルブラスという料理人と刃物を知り尽したKAI (貝印)が作った包丁。

コンパクトなものが使いやすいだろうと思い、No.4 を購入しました。

結局、収録時には使わなかったのですが、せっかくなので使ってみました。

全体が金属で、やや重め。柄のところに 「4」の刻印。 シリアルNOも付いています。鞘も付いているのですが、持ち運ぶ時や、研ぎに出す時に使うとのこと。

新品だからということもあるでしょうが、カボチャがサクっと切れたのは、ちょっと感動もの。下手なため魚の皮引きで少し残ってしまう皮、これも切れ味が良いので取るのが楽でした。

包丁は一生もんなんで、お料理のお好きな方は、良いのを一本買ってもいいのかな、と思います。切れ味悪くなったら研ぎに出せます。

Amazonで探す