カテゴリー別アーカイブ: キッチン用品

おすすめのドリップ用コーヒーポット-バルミューダ電気ケトル

電気ケトル(ポット)で沸かして、そのままドリップできるように作られています。スタイリッシュかつ機能的。お湯が沸くと自動的に切れるので、沸かしすぎたりすることがなく、無駄なく安全。(以前はIHを使っていたので沸きっぱなしでお湯が少なくなったりして沸かしなおしたりすることもありました。)

お店のホットコーヒーはハンドドリップなので、重宝しています。

コーヒー屋さんは、沸かしたお湯を少し冷まして90度ぐらいにしたほうがよいとおっしゃっていたので、本当は、沸かしたあと、少し冷ましたほうがよいかもしれません。

美味しいコーヒの淹れかた(ハンドドリップ)

  1. お湯を沸かす。(粉が水を吸うので、少し多めに)
  2. ドリッパーにコーヒーフィルターをセットする。(ギザギザの所を折って。)
  3. コーヒーメジャーで一杯分計って粉を入れる。1杯だけ淹れる場合は少し山盛りで。粉を入れたらドリッパをゆすって平らにしておく。
  4. ドリッパーをコーヒーサーバーにセットする。カップの上にそのまま置いてもかまわないです。
  5. 30秒むらし後、3回に分けて、3分を目安に入れる。お湯は落とし切らないほうがよいそうです。むらしは全体を少し湿らせる感じで。むらし後は、中心部の一円玉ぐらいの範囲をクルクル回す感じでゆっくり入れる。フィルタにはかけない。うまくいくと粉がふわっとした感じに膨らむので、そうなるように淹れましょう。(ですが、むらしは必要と思いますが、その後は、適当でもいいと思います。)
  6. 全体をかきまぜてできあがり。

この電気ケトル、もちろん、普通にお湯を沸かすのにも使えます。ただし、ティファールなどの電気ケトルなどに比べると少し容量が少な目な印象です。

無いと困る、ののじ製の大きめのフライ返し(ターナー)

私はこのフライ返しがないとむちゃくちゃ困ります・・・具材の大きめの料理(鶏のピカタや魚のオリーブ焼き)などを作る時に崩れずうまくひっくり返せるので重宝しています。たぶん、お好み焼きなんかも、これ一枚でうまくひっくり返せると思います。

100均のフライ返しの1.5倍ぐらいの大きさはあるでしょうか。結構大きめのフライ返しなので、小さなフライパンを使っていると入らず逆に困るかもしれません。

ののじの商品もなかなかスタイリッシュで機能的だな、と思います。

幅の広いピーラー

ピーラーはこの幅広のものが絶対に使い易いです。大きさがわかりづらいですが、幅は太めの大根の直径よりも大きいと思います。

100均のものは小さく使いづらい上に、すぐに切れ味が悪くなって駄目な印象があります。

それに刃物といえば貝印(KAI)。丈夫で使い易く、最近は、スタイリッシュなものも多いです。

大根、きゅうり、にんじん、山芋などといった野菜の皮剥きに重宝しています。キャベツの千切りなどにも使えます。